スポンサードリンク

2015年07月29日

トライアスロンに初エントリーしたのでウェアを買った件

09494947941.jpg

8月23日に開催されるトライアスロン珠洲に参加することにしました。だからトライアスロン用ウェアを買ったんです。Wiggle(http://www.wiggle.jp/)で買いました。日本だと新宿とか大都市の巨大スポーツショップにしかトライアスロンウェアって売っていないし、売っていたとしてもメッチャ高い。ネット通販でも高い。2万とか普通。

Wiggleで探したら上下で7千円切りましたからね。Wiggleサイコーです。

0564g161.jpg

水陸両用のトライアスロンショーツ。自転車用の股間パッドも実装されています。あー、練習しなきゃ!


posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 14:24| Comment(0) | 海外ネット通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

金沢市のレンタル自転車「まちのり」を体験してきた

DVC00462.JPG

2015年4月19日に石川県加賀市で開催された「加賀温泉郷マラソン」に参加してきました。35キロくらいから歩いちゃったけど初マラソンの目標は完走だったからOK。5時間16分でした。

そんなこんなで石川県に行ってたんだけど、金沢で「まちのり」というレンタル自転車サービスを体験してきましたよ!

IMG_1417.JPG

金沢市内に20カ所ほど「ポート」と呼ばれるレンタル自転車停留所があって、まちのり利用者は1日200円を支払うことで30分以内なら1日中何度でも乗り放題っていうサービスです。金沢市のようにコンパクトな範囲で観光地が複数散らばっている都市には最適なサービスです。埼玉の川越市にも同様のサービスがあるそうです。

まちのりのスタッフさんに色々と話を聞いたんですが、日本全国の自治体からの視察にやってくることもあるそうです。レンタル自転車サービス、日本でもっと広がればいいのにね。
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

冬の自転車通勤時の服装を紹介します

冬の自転車通勤の服装

僕の自転車通勤の服装を紹介しておきます。冒頭の写真がそれなんですが、とりあえず東京の冬レベルならこういったスペックで大丈夫だと思います(^^)

自転車 インナーキャップ

上から順に紹介していきますね。

で、まずはゴールドウィンから発売されているインナーキャップです。ヘルメットの下に被るわけですが、これ最高です。絶対にオススメ。つい最近買って使い始めたんですが「もっと早く買っときゃよかった!!」と思える商品。

耳ってすごく冷えるじゃないですか。これ被れば問題なしですよ。類似商品は色々あると思うんで、何でも良いのでぜひ試してみてください。耳の防寒グッズは導入した方が良いです。

ナイキ ハイパーウォーム

インナーはハイネックのを使っています。写真はNIKEのハイパーウォームって商品。他にユニクロのヒートテック、アンダーアーマーのコールドギアも試してみたけど防寒度合いは明らかにNIKEのハイパーウォームが優秀でした。NIKEはお値段も一番高いんだけどね。

重要なのはハイネックです。首が冷えるので。じゃなかったらネックウォーマを導入するのもアリかもしれませんね。

ロングTシャツ ナイキ

ハイネックインナーの上に普通のロングTシャツを着ています。写真はナイキのロンTですが、適当なのを何でも着ています。

パールイズミ 冬服

上着の一番外はPEARL IZUMIのプレーンジャージです。認知性を高めるためにも上着は白って決めてるんです。で、自転車ジャージって派手なのが多いんですが、これはシンプルなデザインが気に入りました。

これ「想定気温は15度」という商品です。ただ、これで十分ですからね。うん、東京でも最低気温2度とか珍しくありませんが、15度の商品で十分です。

NIKE ウィンドブレイカー

で、すっごく寒い時とか、風が強い時用にお守り的にバッグに忍ばせているのが薄いウィンドブレイカーです。NIKEのアウトレットショップで3千円くらいで買いました。軽くてかさばらないのが気に入ってます。

ただ、お守り的に持っておくなら薄い防水ジャケットが一番良いと思います。このウィンドブレイカーは防水でなないので。雨にも風にも寒さにも対応する薄い防水ジャケットをいつか買おうと思ってます。

dhb 手袋

去年まではノースフェイスの想定気温15度の手袋を使ってました。今年からdhbの手袋を買いました。この手袋には想定気温が書かれていなかったのですが、明らかに厚手になり、明らかに暖かくなりました。シルエットが太くてカッコ悪いけど、2時間走っても最初から最後まで手が暖かいままです(^^)

ミズノ ブレスサーモ

下半身のタイツはミズノの「ブレスサーモ」が超オススメ。自転車用じゃないからフットサルやランニングでも使えるし、かなり暖かいです。でもブレスサーモは1枚5千円以上するので僕は1つしか持ってません。だからユニクロのヒートテックエクストラウォームも併用しています。エクストラウォームはブレスサーモには若干劣りますが十分にイケます。価格も2千円以下と優秀です。(普通のヒートテック1枚じゃキツイです)

アンブロ サブボッカ

ズボンはUMBROの「サルボッカ」というフットサル用のやつです。膝下丈なので自転車乗りにもお勧めできます。見た目が自転車自転車していなくてカッコいいです。夏以外はコレを愛用してます。

PEARL IZUMI ハーフシューズカバー

PEARL IZUMIのハーフシューズカバーを愛用しています。これは買った方が良いですよ。最高。普通のシューズカバーだと着脱が非常に面倒ですが、ハーフシューズカバーは着脱が楽ちん。被せてマジックテープで留めるだけです。

パールイズミ ハーフシューズカバー カイロ

つま先部分にカイロを入れるんです。これが効果抜群です。靴用カイロも売っているじゃないですか。アレ試した人もいると思いますが、全然効かないですよね。カイロって発熱するためには空気に触れなきゃいけないんだけど、靴の中は密閉されるのでカイロは暖まらないんです。でもシューズカバーなら大丈夫です。


■東京の冬を越すための自転車の服装まとめ

・自転車グッズの想定気温は過保護
・メーカーの想定気温を信じると暑すぎる
・上着はインナー、ロングTシャツ、想定温度15度のジャージで十分
・お守りとして防水ジャケットを持ち歩くと良い
・重ね着で調節するのが賢い
・下のタイツはブレスサーモかエクストラウォームがオススメ
・ハーフシューズカバー&カイロは最強のコンビ

 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

側溝に挟まりロードバイク転倒 京都市に320万円支払い命令

bahiafree.jpg

これ、ロードバイク乗りにとっては、かなり大きなニュースだと思います。

京都市に320万円支払い命令 側溝に挟まり自転車転倒

 京都市西京区の市道を自転車で走行していた際、側溝の蓋の間にタイヤが挟まり、転倒して負傷したとして、運転していた男性(77)が市に約440万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が6日、京都地裁であり、浅見宣義裁判官は市側に約320万円の支払いを命じた。

 市側は管理の不備で側溝の蓋に隙間があったことを認め、過失の程度について争っていた。

 浅見裁判官は判決理由で安全性を満たさない不備があったと、市側の管理責任に言及。そのうえで、男性の自転車がタイヤ幅の狭いロードバイクだったことも考慮し、市の過失の程度は「それほど大きいとはいえない」として賠償額を算定した。

 判決によると、男性は平成23年9月、同区の市道で側溝の蓋の隙間にタイヤが挟まり転倒、顔の骨を折るなどのけがをした。事故後、隙間は埋められた。

市は「主張の一部が認められた。今後は判決の詳細を検討して判断していきたい」としている。

(引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141106-00000565-san-soci

ロードバイク乗りは昔から排水溝について意見してきたそうです。聞いたことあります。溝の目が大きすぎてタイヤがハマるんですよね。僕もパンクの原因になったこともがありますよ。

で、今までも自転車乗りは行政に意見してきたんです。バリアフリーという大義名分があるので自己中心的な意見にならずに主張できたのですが、なかなか現状は改善されていませんでした。

それが今回の判決でしょ。行政としても側溝を改善する大きな理由が出来ましたね。

理想的なのは冒頭の写真みたいなバリアフリーな側溝です。早く実現したらいいな。
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

ツール・ド・猪苗代湖の写真レビューです

こんにちは。昨日ですね、「CYCLE AID JAPAN 2014 in 郡山 ツール・ド・猪苗代湖」に参加してきたのでザザッとブログ記事にしておきます。先に結論を言っておくと、「福島遠い、坂きつい、FUJIいない、でも楽しかった」です(^^)

軽自動車にロードバイク

最初の課題が「福島までどうやって行こう」ってことだったんですが、車の後ろに自転車を積んで行くことにしました。軽自動車ですけど、タイヤを外せば余裕っすね。

スマイフホテル郡山

温泉宿でゆっくりしたいところでしたが、結局ビジネスホテルに泊まりました。スマイルホテル郡山です。禁煙部屋なのに微妙にタバコの臭いがしました(^_^;)

ツールド猪苗代湖の駐車場

朝6時半に起床。7時40分ごろにはツールド猪苗代湖の駐車場に到着です。車のナンバーを確認すると全国各地から参加されているのが分かります。

ツールド猪苗代湖 スタート地点のサポート

スタート地点は「郡山ユラックス熱海」という多目的施設の駐車場。8時ごろに着いたんですが、200人くらいは集まってました。ここには自転車関連メーカーなど大会をサポートしている企業のブースも複数ありました。

参加受付

参加者受付です。

スタート表

スタート表です。ツールド猪苗代湖は90キロコース、50キロコース、30キロコースいの3種類あって、長距離からスタートします。他のコースも同様かもしれませんが、50キロコースは25名ずつ3分区切りでのスタートでした。僕は10時から。

開会式

8時15分から開会式。郡山市長や自転車協会会長とか偉い人から激励の言葉。要約すると「台風を心配していたけど無事開催できてよかった。怪我しないで楽しんでね。」って感じ。

ツールド猪苗代湖 スタート

8時30分。いよいよ「CYCLE AID JAPAN 2014 in 郡山 ツール・ド・猪苗代湖」スタートです。90キロコースの方から元気よくスタート!!

スタート地点で記念撮影

僕のスタートの10時まで時間を持て余しました(^。^) スタート地点で記念撮影をしたら駐車場に帰って待機(笑)。あ、僕の服装は普段の通勤と同じ。参加者の7割は自転車ジャージを着ていた印象です。

サイクルエイドジャパン2014スタート

10時。ようやくスタートです!

猪苗代湖

今回、痛恨のミスが2つあるんです。1つは巡行中の写真をほとんど撮らなかったこと。走行中の写真は上の写真くらいです。もっと撮っておけばよかったと後悔してます。

もう1つはサイクルコンピュータ。普段つけてるサイコンが接触不良で稼働していなかったのを1キロくらい進んだところで気づきました。あとiPhone6を買ったんですけど、サイコンアプリを起動するのも忘れてた。つまりサイコンが2つあるのに2つとも起動できていなかったという(^_^;)。でも1キロ時点で気づいてよかった!

エイドステーション

猪苗代湖を通り過ぎたあたりに1つ目のエイドステーションがありました。50キロコースはエイドステーションが2か所ありました。

エイドステーションの食事

こういった軽食を無料で貰えます。

だんご

ダンゴが旨かった(^^)

エイドステーション

上記の通り、走行中の写真を撮っていないんです。タイムを競うレースじゃないんだから、もっとパシャパシャと撮っとけばよかったのになぁー。ってことで2個目のエイドステーション。

福島の梨

福島の梨です。汗をかいた時に水分の多い梨はサイコーですね。

おにぎり

おにぎりも頂きました。

豚汁

そして豚汁です。絶品。

ゴール

食レポしてたらゴールしちゃいました。はい、何度も言うけど写真撮れば・・・。実はゴール地点の食事が一番豪華で写真も沢山あるんですが、もういいっすよね。割愛します。

福島医療専門学校

ゴール地点には無料の食事以外に、自転車メーカーの宣伝ブースと福島医療専門学校の無料診療スペースがありました。僕も施術してもらいました♪

メッセージボード

メッセージボードです。すてき。

500円募金

参加費から500円が指定3団体に募金されます。で、募金先を選ぶことも出来るみたいです。僕は「3団体に均等割りの寄付」にしました。

“坂バカ”俳優・猪野学

閉会イベントにはNHK BSで放送中の自転車情報番組「チャリダー☆」に出演されている“坂バカ”俳優・猪野学さんが登場。抽選会などを盛り上げてくれていました。

ツールド猪苗代湖

そうだ、ツールド猪苗代湖を走った感想を書いておきますね。まず言えるのは、「50キロコースで良かったー!」ってこと。

はい、僕はCYCLE AID JAPANをラジオで知って衝動的に申し込んだんですが、知ったのが遅かったせいで90キロコースは締め切られていたんですね。で、もしOKだったら間違いなく90キロコースに参加してました。だって、ふだんの通勤で往復60キロ走っているんですもん。50キロなんて余裕です。そう思ってました。

でも走ってみて、キツイことキツイこと。原因は坂ですよ。iPhoneの高度計を確認したんですが、今回の高度差は880mありました。通勤は124mです。880mなんて数字は大したことなさそうですが、僕にとってはかなりキツかったです。90キロコースだったら相当ヤバかったです。命拾いしました(^_^;)

完走証

登り坂が死ぬほどキツかったわけですが、登ったら下るわけで、下り坂はサイコーですね。初めて訪れた絶景に囲まれながら爽やかな風を切りながら疾走する。実際にですね走りながら何度も「サイコー!」って叫びましたもん。ほんとサイコーだった。

今までは「自転車は通勤でお腹いっぱい。休みの日まで長距離走行するのはご遠慮するわ。」って感じだったんですが、今は「また自転車イベント参加したいな。猪野さんがツールド草津が最高だったと話してたから次参加してみようかなぁ。とりあえず近場の青梅とか走ってみようかなぁ。」なんて思っています。つまりもう一段、自転車が好きになりました。

FUJIロードバイク

最後に。今回、FUJIのロードバイク乗りとお話ししたいなと思ってたんですが、FUJIに乗っている人を1人も見かけませんでした。マジです。絶対に1人くらいは居るだろうと思ってたんですが、マジで1台も見かけませんでしたよ。今回、自転車置き場も見て回ったんですが、1台もなかったです。

前も書いたけど、FUJIのロードバイクがこれほど少ないとは思ってもみなかったです。少数派なのは理解してるけどね、それにしても少ない。だって僕も過去に2回しか目撃してないですもん。すごいな。こうまで少ないと仲間意識みたいなのが芽生えますよね。今度FUJIロードバイカーを見かけたら声かけてみよっと。

記念品

そうそう。記念品的なのも貰いました。福島のブランド米「あさか舞」、CYCLE AID JAPAN 2014のTシャツなどでーす。
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 11:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

CYCLE AID JAPAN 2014の参加通知書が届いた

DVC00071.JPG

10月11日に参加する「CYCLE AID JAPAN 2014 in 郡山ツール・ド・猪苗代湖」の参加通知書が届きました。

DVC00072.JPG

当日に着用するゼッケンも入っていました。なんか嬉しいな。FUJIのロードバイクに乗っている760がいたら僕ですから是非声をかけてくださいね(^_^)

今のところノープランなんですが、自動車で行くこと。そして天気が良さそうなら前日入りして福島観光をしたいなぁと思っています。
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

高度計が付いたiPhone6に興味津々

uiohuio56.jpg


えーと、僕はガラケーを愛用しています。今まで一度もスマートフォンを保有したことがありません。

で、僕がスマホを買わないのも多少自転車と関係しているんですよね。以前のように電車通勤をしていたらスマホを買ってたと思うんです。退屈な通勤時間を楽しく有用に使えそうだし。

でも自転車通勤をするようになったので「スマホを買っても、ろくに使う時間もないしなぁ。下手にゲームにハマって時間とお金を浪費するのも嫌だしガラケーでいいや」とか思っていました。そう思っていたんですが、今iPhone6に興味津々です(笑)。

理由は気圧計。なんでもiPhone6には気圧計が付くらしいじゃないですか!これが自転車乗りにはナイスな機能なようです。ギズモードにこんな記事がありました。

iPhone 6とiPhone 6 Plusでは、加速度センサー、ジャイロスコープ、コンパスから送られるモーションデータを測るタスクを処理する専用のMチップの新世代版「M8」を搭載。自転車に乗っている、走っている、歩いている、階段を上っているといった情報のほか、速さ、距離をトラッキングできます。また、iPhone 6とiPhone 6 Plusともに気圧計採用で、上下の動きもトラッキング可能とのことです。
引用元:http://www.gizmodo.jp/2014/09/iphone_6m8.html

つまり、高度計が付いたiPhone6はサイクルコンピュータとして使えそうです。いや、今までのiPhoneでもサイコンの代用にはなったんだけど、iPhone6はより正確で多角的なデータ解析が出来るようになったわけです。

2万円とかする高級サイクルコンピュータの代用になるなら僕にはかなり魅力的です。他にも使い方は色々あるようで、例えばバイクナビにもなる。

そんなんで、ちょっとiPhone6が気になりだした今日この頃です。
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

自転車タイヤに空気を入れ過ぎてパンクした件

09-DVC00887.jpg

タイヤが変形してんのわかりますか?

09-DVC00889.jpg

変形した形状から推測するに
パンク修理のシールの部分なんですよ。

09-DVC00892.jpg

パンク修理のシールの部分が
変形して突起したものだから
そこだけ急速に摩耗してしまい
最終的にはパンクに至りました。

09-DVC00891.jpg

新しいタイヤはPanaracerのELITE Plus。

 

■パンクに至った詳細について

犯人は自転車屋の店員さんです。

信じられませんよ。

自転車タイヤに空気を
入れ過ぎたことが原因で
パンクしちゃいました。

タイヤに空気を入れたのは
某自転車店の店員さん。

マジですよ?

近所に全国チェーンの
有名な自転車屋さんがあるんです。

吉本芸人がイメージキャラクターの店です。

そこは無料で空気入れを開放しているので
たまーに使わせてもらっているんです。

その日も空気入れを借りようとしたら

「あっ、入れますよ(^_^)」

と店員さんが言って
わざわざプッシュ式の空気入れを
使って補充をしてくれました。

でもね、
この人がアリエナイの。

僕はフランス式バルブなんですが
英国式変換アダプターを付けて
利用しているんですね。

で、店員さん空気を入れる時に
フランス式バルブのネジを
緩めないで入れようとしたんです。

僕は意味わかんないので

『あれ?もしかしてネジを
緩めないでもイケちゃうんですか?』

と質問したわけですよ。

今まで勘違いをしていたのかなって、
その時は思ったんで。

店員さんは「はい??」って
不思議な顔をしてるわけ。

僕が繰り返し説明をしたら
店の奥に入って別の店員さんに
質問しに行って間違いに気づいたみたい。

「すいません。
(店に)入ったばっかりなので」

と謝ってくれた後に
普通に空気を入れてくれて、
めでたしめでたしのはずでした。

走り出したら
やたら固いんです。

僕至上最高に硬いタイヤ。

『これ空気入れ過ぎじゃない?』

とか思いつつ、
特に心配もしていなかったんですが
上記のようにタイヤが変形しだして
最終的には大きな音をたててパンクです。

信じられませんよ。

わざわざ空気圧が確認できる
プッシュ式空気入れを使ってんのに
空気を入れ過ぎるという。

クレームを入れるつもりは一切無いけど
あの店員さんはちょっとダメだと思うな。
 
タグ:パンク
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 00:49| Comment(0) | メンテナンス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

そろそろ自分が「あっち側の人」になっていることを認めなきゃいけない

 
「自転車に30万円!?アホか!!」

はい、これが一般の認識だと思います。僕も数年前までは同じように思っていました。でもいつの間にか「あっち側の人」になっちゃったみたいです。もう完全に感覚がマヒしてます。

 

こんな話をするのは、今日それを強く認識したからです。

「川崎重工業のスポーツバイク『ninja 250』がバカ売れ」というニュースを読んだんですけどね、このninja 250の画像を見てみたら超カッコいいわけ。

ninja250-20130325-1.jpg

スポーツバイクに興味がない僕でも身を乗り出すほどカッコいい!そして価格をチェックしてみました。

なんと定価553,500円。

安っ!!!!何この安さ。どうも「ninja」ってスポーツバイク乗りの憧れ的な存在みたいだけど、それが55万なの? 少なくとも100万はするかと思いましたよ。

 

このninja 250と高級ロードバイクを比較しちゃうとロードバイクの高さが際立ちます。割高感ハンパない。

それを認識しても、やはり「ninja 250」を買うつもりもなく、10万ほどかけてコンポをアルテグラに一新するか悩んでいる僕を傍から見たら完全に「あっち側の人」なんだろうな。そろそろ認めなきゃいけない(^_^;)。

 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 05:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

ライトホルダーを応急修理する方法

FUJIロードバイクのライトホルダー

 
ブチッ!!

仕事も終わり、これからロードバイクに乗って家に帰ろうって時に悲劇です。ライトホルダーにライトを取り付けようとしたところ、ライトホルダーの結束マジックテープが切れちゃいました。

ライトを付けられなきゃ夜に走れません。あまりにも危険すぎます。「うーん。どうしたものか。電車で帰るしかないかなぁ・・・。」30秒ほど考えて閃きました。

ライトホルダーを修理

ホチキスです。会社にあるごく普通のホチキスで切れたテープを繋ぎ合わせました。パチン、パチン、パチンと3発。

FUJIロードバイクのライト

これが結構イケちゃいました(笑)

 
【追伸】これはあくまでも応急処置。後で新しいライトホルダーに交換しましたよ(^^)
 
タグ:ライト
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。