スポンサードリンク

2014年10月12日

ツール・ド・猪苗代湖の写真レビューです

こんにちは。昨日ですね、「CYCLE AID JAPAN 2014 in 郡山 ツール・ド・猪苗代湖」に参加してきたのでザザッとブログ記事にしておきます。先に結論を言っておくと、「福島遠い、坂きつい、FUJIいない、でも楽しかった」です(^^)

軽自動車にロードバイク

最初の課題が「福島までどうやって行こう」ってことだったんですが、車の後ろに自転車を積んで行くことにしました。軽自動車ですけど、タイヤを外せば余裕っすね。

スマイフホテル郡山

温泉宿でゆっくりしたいところでしたが、結局ビジネスホテルに泊まりました。スマイルホテル郡山です。禁煙部屋なのに微妙にタバコの臭いがしました(^_^;)

ツールド猪苗代湖の駐車場

朝6時半に起床。7時40分ごろにはツールド猪苗代湖の駐車場に到着です。車のナンバーを確認すると全国各地から参加されているのが分かります。

ツールド猪苗代湖 スタート地点のサポート

スタート地点は「郡山ユラックス熱海」という多目的施設の駐車場。8時ごろに着いたんですが、200人くらいは集まってました。ここには自転車関連メーカーなど大会をサポートしている企業のブースも複数ありました。

参加受付

参加者受付です。

スタート表

スタート表です。ツールド猪苗代湖は90キロコース、50キロコース、30キロコースいの3種類あって、長距離からスタートします。他のコースも同様かもしれませんが、50キロコースは25名ずつ3分区切りでのスタートでした。僕は10時から。

開会式

8時15分から開会式。郡山市長や自転車協会会長とか偉い人から激励の言葉。要約すると「台風を心配していたけど無事開催できてよかった。怪我しないで楽しんでね。」って感じ。

ツールド猪苗代湖 スタート

8時30分。いよいよ「CYCLE AID JAPAN 2014 in 郡山 ツール・ド・猪苗代湖」スタートです。90キロコースの方から元気よくスタート!!

スタート地点で記念撮影

僕のスタートの10時まで時間を持て余しました(^。^) スタート地点で記念撮影をしたら駐車場に帰って待機(笑)。あ、僕の服装は普段の通勤と同じ。参加者の7割は自転車ジャージを着ていた印象です。

サイクルエイドジャパン2014スタート

10時。ようやくスタートです!

猪苗代湖

今回、痛恨のミスが2つあるんです。1つは巡行中の写真をほとんど撮らなかったこと。走行中の写真は上の写真くらいです。もっと撮っておけばよかったと後悔してます。

もう1つはサイクルコンピュータ。普段つけてるサイコンが接触不良で稼働していなかったのを1キロくらい進んだところで気づきました。あとiPhone6を買ったんですけど、サイコンアプリを起動するのも忘れてた。つまりサイコンが2つあるのに2つとも起動できていなかったという(^_^;)。でも1キロ時点で気づいてよかった!

エイドステーション

猪苗代湖を通り過ぎたあたりに1つ目のエイドステーションがありました。50キロコースはエイドステーションが2か所ありました。

エイドステーションの食事

こういった軽食を無料で貰えます。

だんご

ダンゴが旨かった(^^)

エイドステーション

上記の通り、走行中の写真を撮っていないんです。タイムを競うレースじゃないんだから、もっとパシャパシャと撮っとけばよかったのになぁー。ってことで2個目のエイドステーション。

福島の梨

福島の梨です。汗をかいた時に水分の多い梨はサイコーですね。

おにぎり

おにぎりも頂きました。

豚汁

そして豚汁です。絶品。

ゴール

食レポしてたらゴールしちゃいました。はい、何度も言うけど写真撮れば・・・。実はゴール地点の食事が一番豪華で写真も沢山あるんですが、もういいっすよね。割愛します。

福島医療専門学校

ゴール地点には無料の食事以外に、自転車メーカーの宣伝ブースと福島医療専門学校の無料診療スペースがありました。僕も施術してもらいました♪

メッセージボード

メッセージボードです。すてき。

500円募金

参加費から500円が指定3団体に募金されます。で、募金先を選ぶことも出来るみたいです。僕は「3団体に均等割りの寄付」にしました。

“坂バカ”俳優・猪野学

閉会イベントにはNHK BSで放送中の自転車情報番組「チャリダー☆」に出演されている“坂バカ”俳優・猪野学さんが登場。抽選会などを盛り上げてくれていました。

ツールド猪苗代湖

そうだ、ツールド猪苗代湖を走った感想を書いておきますね。まず言えるのは、「50キロコースで良かったー!」ってこと。

はい、僕はCYCLE AID JAPANをラジオで知って衝動的に申し込んだんですが、知ったのが遅かったせいで90キロコースは締め切られていたんですね。で、もしOKだったら間違いなく90キロコースに参加してました。だって、ふだんの通勤で往復60キロ走っているんですもん。50キロなんて余裕です。そう思ってました。

でも走ってみて、キツイことキツイこと。原因は坂ですよ。iPhoneの高度計を確認したんですが、今回の高度差は880mありました。通勤は124mです。880mなんて数字は大したことなさそうですが、僕にとってはかなりキツかったです。90キロコースだったら相当ヤバかったです。命拾いしました(^_^;)

完走証

登り坂が死ぬほどキツかったわけですが、登ったら下るわけで、下り坂はサイコーですね。初めて訪れた絶景に囲まれながら爽やかな風を切りながら疾走する。実際にですね走りながら何度も「サイコー!」って叫びましたもん。ほんとサイコーだった。

今までは「自転車は通勤でお腹いっぱい。休みの日まで長距離走行するのはご遠慮するわ。」って感じだったんですが、今は「また自転車イベント参加したいな。猪野さんがツールド草津が最高だったと話してたから次参加してみようかなぁ。とりあえず近場の青梅とか走ってみようかなぁ。」なんて思っています。つまりもう一段、自転車が好きになりました。

FUJIロードバイク

最後に。今回、FUJIのロードバイク乗りとお話ししたいなと思ってたんですが、FUJIに乗っている人を1人も見かけませんでした。マジです。絶対に1人くらいは居るだろうと思ってたんですが、マジで1台も見かけませんでしたよ。今回、自転車置き場も見て回ったんですが、1台もなかったです。

前も書いたけど、FUJIのロードバイクがこれほど少ないとは思ってもみなかったです。少数派なのは理解してるけどね、それにしても少ない。だって僕も過去に2回しか目撃してないですもん。すごいな。こうまで少ないと仲間意識みたいなのが芽生えますよね。今度FUJIロードバイカーを見かけたら声かけてみよっと。

記念品

そうそう。記念品的なのも貰いました。福島のブランド米「あさか舞」、CYCLE AID JAPAN 2014のTシャツなどでーす。
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 11:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。