スポンサードリンク

2014年12月12日

冬の自転車通勤時の服装を紹介します

冬の自転車通勤の服装

僕の自転車通勤の服装を紹介しておきます。冒頭の写真がそれなんですが、とりあえず東京の冬レベルならこういったスペックで大丈夫だと思います(^^)

自転車 インナーキャップ

上から順に紹介していきますね。

で、まずはゴールドウィンから発売されているインナーキャップです。ヘルメットの下に被るわけですが、これ最高です。絶対にオススメ。つい最近買って使い始めたんですが「もっと早く買っときゃよかった!!」と思える商品。

耳ってすごく冷えるじゃないですか。これ被れば問題なしですよ。類似商品は色々あると思うんで、何でも良いのでぜひ試してみてください。耳の防寒グッズは導入した方が良いです。

ナイキ ハイパーウォーム

インナーはハイネックのを使っています。写真はNIKEのハイパーウォームって商品。他にユニクロのヒートテック、アンダーアーマーのコールドギアも試してみたけど防寒度合いは明らかにNIKEのハイパーウォームが優秀でした。NIKEはお値段も一番高いんだけどね。

重要なのはハイネックです。首が冷えるので。じゃなかったらネックウォーマを導入するのもアリかもしれませんね。

ロングTシャツ ナイキ

ハイネックインナーの上に普通のロングTシャツを着ています。写真はナイキのロンTですが、適当なのを何でも着ています。

パールイズミ 冬服

上着の一番外はPEARL IZUMIのプレーンジャージです。認知性を高めるためにも上着は白って決めてるんです。で、自転車ジャージって派手なのが多いんですが、これはシンプルなデザインが気に入りました。

これ「想定気温は15度」という商品です。ただ、これで十分ですからね。うん、東京でも最低気温2度とか珍しくありませんが、15度の商品で十分です。

NIKE ウィンドブレイカー

で、すっごく寒い時とか、風が強い時用にお守り的にバッグに忍ばせているのが薄いウィンドブレイカーです。NIKEのアウトレットショップで3千円くらいで買いました。軽くてかさばらないのが気に入ってます。

ただ、お守り的に持っておくなら薄い防水ジャケットが一番良いと思います。このウィンドブレイカーは防水でなないので。雨にも風にも寒さにも対応する薄い防水ジャケットをいつか買おうと思ってます。

dhb 手袋

去年まではノースフェイスの想定気温15度の手袋を使ってました。今年からdhbの手袋を買いました。この手袋には想定気温が書かれていなかったのですが、明らかに厚手になり、明らかに暖かくなりました。シルエットが太くてカッコ悪いけど、2時間走っても最初から最後まで手が暖かいままです(^^)

ミズノ ブレスサーモ

下半身のタイツはミズノの「ブレスサーモ」が超オススメ。自転車用じゃないからフットサルやランニングでも使えるし、かなり暖かいです。でもブレスサーモは1枚5千円以上するので僕は1つしか持ってません。だからユニクロのヒートテックエクストラウォームも併用しています。エクストラウォームはブレスサーモには若干劣りますが十分にイケます。価格も2千円以下と優秀です。(普通のヒートテック1枚じゃキツイです)

アンブロ サブボッカ

ズボンはUMBROの「サルボッカ」というフットサル用のやつです。膝下丈なので自転車乗りにもお勧めできます。見た目が自転車自転車していなくてカッコいいです。夏以外はコレを愛用してます。

PEARL IZUMI ハーフシューズカバー

PEARL IZUMIのハーフシューズカバーを愛用しています。これは買った方が良いですよ。最高。普通のシューズカバーだと着脱が非常に面倒ですが、ハーフシューズカバーは着脱が楽ちん。被せてマジックテープで留めるだけです。

パールイズミ ハーフシューズカバー カイロ

つま先部分にカイロを入れるんです。これが効果抜群です。靴用カイロも売っているじゃないですか。アレ試した人もいると思いますが、全然効かないですよね。カイロって発熱するためには空気に触れなきゃいけないんだけど、靴の中は密閉されるのでカイロは暖まらないんです。でもシューズカバーなら大丈夫です。


■東京の冬を越すための自転車の服装まとめ

・自転車グッズの想定気温は過保護
・メーカーの想定気温を信じると暑すぎる
・上着はインナー、ロングTシャツ、想定温度15度のジャージで十分
・お守りとして防水ジャケットを持ち歩くと良い
・重ね着で調節するのが賢い
・下のタイツはブレスサーモかエクストラウォームがオススメ
・ハーフシューズカバー&カイロは最強のコンビ

 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 22:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。