スポンサードリンク

2014年09月09日

自転車タイヤに空気を入れ過ぎてパンクした件

09-DVC00887.jpg

タイヤが変形してんのわかりますか?

09-DVC00889.jpg

変形した形状から推測するに
パンク修理のシールの部分なんですよ。

09-DVC00892.jpg

パンク修理のシールの部分が
変形して突起したものだから
そこだけ急速に摩耗してしまい
最終的にはパンクに至りました。

09-DVC00891.jpg

新しいタイヤはPanaracerのELITE Plus。

 

■パンクに至った詳細について

犯人は自転車屋の店員さんです。

信じられませんよ。

自転車タイヤに空気を
入れ過ぎたことが原因で
パンクしちゃいました。

タイヤに空気を入れたのは
某自転車店の店員さん。

マジですよ?

近所に全国チェーンの
有名な自転車屋さんがあるんです。

吉本芸人がイメージキャラクターの店です。

そこは無料で空気入れを開放しているので
たまーに使わせてもらっているんです。

その日も空気入れを借りようとしたら

「あっ、入れますよ(^_^)」

と店員さんが言って
わざわざプッシュ式の空気入れを
使って補充をしてくれました。

でもね、
この人がアリエナイの。

僕はフランス式バルブなんですが
英国式変換アダプターを付けて
利用しているんですね。

で、店員さん空気を入れる時に
フランス式バルブのネジを
緩めないで入れようとしたんです。

僕は意味わかんないので

『あれ?もしかしてネジを
緩めないでもイケちゃうんですか?』

と質問したわけですよ。

今まで勘違いをしていたのかなって、
その時は思ったんで。

店員さんは「はい??」って
不思議な顔をしてるわけ。

僕が繰り返し説明をしたら
店の奥に入って別の店員さんに
質問しに行って間違いに気づいたみたい。

「すいません。
(店に)入ったばっかりなので」

と謝ってくれた後に
普通に空気を入れてくれて、
めでたしめでたしのはずでした。

走り出したら
やたら固いんです。

僕至上最高に硬いタイヤ。

『これ空気入れ過ぎじゃない?』

とか思いつつ、
特に心配もしていなかったんですが
上記のようにタイヤが変形しだして
最終的には大きな音をたててパンクです。

信じられませんよ。

わざわざ空気圧が確認できる
プッシュ式空気入れを使ってんのに
空気を入れ過ぎるという。

クレームを入れるつもりは一切無いけど
あの店員さんはちょっとダメだと思うな。
 
タグ:パンク
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 00:49| Comment(0) | メンテナンス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

ドロップハンドルのバーテープ汚れの原因はグリップゴムに付いた手垢

07-DVC00482.jpg


僕が乗っているFUJIのロードバイクは
ドロップハンドルのバーテープが白なんですね。

つまり汚れが目立ちます。

だからちょくちょく
バーテープの掃除をしています。

掃除の仕方はシンプルで、
水で濡らしたタオルで拭くだけ。

場合によってはハンドソープを
付けて拭きます。

 

でなんですが、今更ながら
黒ずみ汚れの原因を発見しました。

シフトレバー(グリップ部分のゴム)
に付着した手垢(みたいなの)です。

この黒いゴム部分を拭くと
汚れが落ちるのなんの。

初めは黒汚れはゴムが擦り取れて
いるのかと思ったんだけど、
どうやら違くて、ゴムについた
手垢が原因みたい。

 

たぶん常識なんですよね?
知らなかった(>_<)
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 17:15| Comment(2) | メンテナンス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走行距離10,195キロで前輪タイヤ初パンク

07-DVC00454.jpg


「パンッ!」

チャリ通勤途中に前輪から音が。

パンクです。

 

自転車通勤を初めて4年かな。

前輪のパンクは初めて。

チューブは携帯しているので
自分で取り換えることもできるのだけど
運よく近くに自転車屋さんがあったので
お願いしました。

 

サイクルコンピュータの
写真を撮っておきました。

FUJIのロードバイクを買ってから
前輪はチューブもタイヤも
交換していなかったのだけど
10,195キロでパンクです。

前輪とは言え10,195キロも
耐久したのは合格点ですね。

 

パンク修理費用は1080円。

70歳を超えてそうな
白髪の店主に直してもらいました。
 
タグ:パンク
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 17:12| Comment(0) | メンテナンス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

タイヤ交換しました。再びPanaracerのELITE Plusを装着。

07-DVC00161.jpg


パンクしたようなのでタイヤを交換しました。

空気をしっかり入れれば
2時間とか普通に走れるんだけど
1日置くと微妙に空気が抜けるんですよね。

小さいパンクみたいです。

タイヤのみの交換でも良かったんですが
結構劣化しているし二度手間なので
チューブと一緒にタイヤも交換しました。

装着したタイヤは
Panaracer(パナレーサー)の
「ELITE Plus(エリートプラス)」です。

購入時に付いていたタイヤは
4192キロ走ったところでダメになりました。

(※前回タイヤ交換時の記事

で、
PanaracerのELITE Plusに履き替えて
5512キロ走ったところで交換です。

PanaracerのELITE Plusの耐久性が
数字でハッキリしました。


07-DVC00162.jpg

交換直前のタイヤ。もう少しイケそう。少なくとも前回交換時よりは劣化していません。

07-DVC00165.jpg

「あさひ」で交換してもらいました。自分でもできるけど面倒くさいので(^^;)持ち込みで1080円でしたよ。店内でも売ってたけど2980円もするんですよね。ネットなら3割安く買えます。

07-DVC00180.jpg

今回新しく装着したPanaracerのELITE Plusです。ネットのレビューを読むとELITE Plusは「本気の人の練習用タイヤ」的な位置付けみたいですね。評判は上々みたいです。僕も非常に気に入ってます。またELITE Plusを買おうと思います。

07-DVC00163.jpg

タイヤ交換時の走行距離をメモ。


最後にAmazonと楽天市場を調べて一番安かった店のリンクを張っておきます。



以上でーす。
 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 22:58| Comment(0) | メンテナンス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

カーボン製のロードバイクだけど僕は室内保管していません。

DVC00205.JPG

僕の愛車「FUJI SL1」はカーボンフレームのロードバイクです。
今回はその保管方法というか駐輪方法について書きます。



僕もロードバイクを買う際に多少なりとも情報収集はしました。

で、ロードバイク購入前に僕の頭を悩ませたのは、
ロードバイクの保管方法でした。

要は「ロードバイクは室内保管しろ!」って皆さん言うんですよ。

色んな雑誌やネット記事を見ましたが

「ロードバイクは室内保存が望ましい。
カーボンフレームなら室内保存は必須だ!」

みたいな感じでした。

高価なロードバイクは盗難リスクもあるし、
雨や紫外線によって自転車は劣化するから。


というのがその理由です。



それを聞いての僕のリアクションは
「室内保存?無理無理無理無理!」でした(笑)。

だって家にそんなスペースないし。
不可能です。



だからカーボンフレームに比べたら保存状態がルーズでも
大丈夫そうなアルミフレームにしようかと悩んだものです。

結局は「やっぱりカーボンフレームがほしい!」と思って
アメリカの自転車ショップ「Jenson USA」で激安価格で売られていた
カーボン製ロードバイク「FUJI SL1」を買ったのでした。



で、今現在、僕がどのようにして
ロードバイクを保管・駐輪しているか。

室内保管していません。

自宅は屋根付き駐車場に駐輪しています。

DVC00203.JPG

屋外の駅前駐輪場などと比べた場合、
雨と盗難リスクは9割カット、風と紫外線は7割カットは出来ていると思います。

室内保管はしていませんが、屋根付き駐車場で勘弁願っています。

当初は自転車カバーをかけていたんですけど、面倒でやめちゃいました。
大雨が予測されている時や3日間以上乗る予定がない時はカバーをしようと思っています。


DVC00250.JPG

通勤時の駐輪スペースはこんな所です。

僕の職場は1階が事務所でその上が住宅マンションに
なっているんですけど、その1階に駐輪場があるんですね。

その一番奥に置いています。

こちらも屋外の駅前駐輪場などと比べた場合、
雨と風は1割カット。盗難リスクと紫外線は5割カットは出来ていると思います。

屋根こそありませんが、周りに壁に囲まれているので、
雨風紫外線はダイレクトに当たりにくいんですね。


あと自転車を奥に置くことで認知度を低くしています。

ここに高級ロードバイクが置いてあることを知らなければ
盗みようがないですからね。

まずロードバイクの存在を知られないことが大事です。

泥棒の立場から考えても、
盗みやすい場所ではないと思います。

見渡しが悪いし、いつ人が現れるか分からなくて、
盗難作業中にバレたら逃げ場がない場所ですから。



ということで、
カーボンフレームのロードバイクに乗っていますが
室内保存はしていませんよ。というお話でした。

自転車マニアの人には怒られるのかもしれないけど
これが精一杯です。

 
posted by FUJIロードバイク乗りのコンタ at 01:02| Comment(0) | メンテナンス関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。